中川運河全景(名古屋港より名古屋駅方面を望む)

中川運河は名古屋港と笹島貨物駅を結ぶ水運の要として、中川という河川を基盤に開削されました。1930年10月10日通水。当時は「東洋一の大運河」の呼び声が高かったと聞きます。
潮位の影響を避け水位を一定に保つため、閘門によって閉ざされた水域となっています。往時は松重閘門で堀川と、中川口閘門で名古屋港と連絡していましたが、松重閘門は 1968年に閉鎖され現在は中川口閘門だけが外部からの進入口です。